不調の原因

痛みや不調の本当の原因

   神経伝達がうまくいっていないからでる症状です

神経伝達がうまくいかなくなることで起こる痛みの種類

1.炎症性の痛み

「じっとしていても痛い」「ジンジン」と痛み、負荷をかけるとすごく痛い。

原因→損傷した細胞をとりのぞくため免疫細胞がだされる。

2.慢性の痛み

立って身体を動かすのも痛い。筋肉が動くときに痛む。

原因→筋肉を動かすときの神経伝達システムにズレが生じることで起こる。

3.代償性の痛み

「力」を入れていないのに、ただ関節を動かすだけで痛む。

原因→関節の動くスピードに筋肉や腱がついていけないことで起こる。

(家事や仕事などのオーバーワークなど、無理してしまったときに悪化。)

4『痛み」以外 肩こり、冷え、イライラ、気分の落ち込み、眠れない、むくみ、便秘、だるい、めまい、ストレス、…など自律神経症状、精神疾患など。

外力や損傷・ストレスなどの刺激

皮膚や筋・筋膜・腱・靭帯・などにあるセンサー

脳に伝わり「痛い」と判断